ブリトニー・パーマーの転身 – UFCラウンドガールからアーティストへの道

ブリトニー・パーマーの転身 - UFCラウンドガールからアーティストへの道
目次

人気絶頂の中で突然の引退宣言

ブリトニー・パーマーのサプライズ引退宣言

元UFCラウンドガールのブリトニー・パーマー(36歳=米国)が、2023年12月に『Ring card Girl of the Year』を受賞した際、意外な引退宣言を行いました。彼女はこの栄誉ある賞を受賞しながらも、UFCでの彼女の長い旅の終わりを告げる驚きの決断を下しました。

UFCラウンドガールとしての輝かしい経歴

ブリトニー・パーマーは、アリアニー・セレステとともにUFCラウンドガールのトップとして活躍し、その端正な顔立ちと美しいボディで、常にファンに笑顔を届け、大会を華やかに盛り上げてきました。彼女はモデル、MC、絵画アーティストとしてもマルチな活躍を見せ、Instagramで120万人近くのフォロワーを持つなど、大人気の存在でした。

新たな章への期待と感謝のメッセージ

彼女は引退を発表する際、UFC、関係者、ファンに対して感謝の気持ちを表し、「16年間のUFCでの経験は忘れられない思い出です。これからの未来も楽しみにしています。皆さん、愛しています」と語りました。また、彼女は『UFC296』を最後のイベントとして、UFCラウンドガールとしての役割を象徴するパンツを床に置くパフォーマンスを行い、彼女の新たな章への移行を象徴しました。

アーティスト業に専念する理由とは

ブリトニー・パーマーの新たな挑戦:絵画アーティストへの転身

ブリトニー・パーマーがオクタゴンを去るのは確かに寂しいですが、彼女の次の活躍にも大いに期待が寄せられています。彼女が引退を決意した理由は、絵画アーティストとしてのキャリアに専念するためであることが明らかになりました。

引退の背景:バランスと新たな情熱の追求

米国のMMAメディア「MMA Junkie」による1月31日の取材で、ブリトニーは自身の引退理由を詳しく語りました。今年36歳になり、絵画アーティストとしての仕事が増える中で、彼女は自身の活動全体のバランスを取るのが難しくなってきたと感じていたのです。

UFCへの変わらぬ愛情:アートを通じた貢献

ブリトニーは「UFCのために絵を描き続けています。コナー・マクレガー、ジョン・ジョーンズをモチーフにしたUFCのTシャツのデザインや、現在はUFC300に合わせた壁画プロジェクトに取り組んでいます」と語り、UFCに対する情熱は変わらず、その創造的な才能をUFCのためにも発揮し続けたいとの意向を示しました。

引退後もファンを魅了する完璧ボディ

ブリトニー・パーマーの新たな道:アーティストとしての活動

ブリトニー・パーマーはラウンドガールのコスチュームを脱ぎ、自身のアーティストとしてのキャリアに専念することを誓いました。しかし、彼女のインスタグラムには今でも彼女の完璧なボディが披露されており、多くのファンが魅了されています。

ファンからの引退撤回の声:変わらぬ魅力

ブリトニーは引退を発表してもなお、モデル業の引き合いが多く、その美貌は変わらずファンを魅了し続けています。彼女の引退に対して、多くのファンからは引退撤回を望む声が上がっています。これに応え、彼女が再びオクタゴンに戻る可能性もあります。

UFCでの輝かしい歴史と未来への展望

ブリトニー・パーマーは16年間にわたってUFCラウンドガールとしてファンの心を掴んできました。しかし、自分の夢を追いかけるために、その道を辞める決断をしました。彼女のアーティストとしての才能は、UFCのためにも活かされています。彼女の引退はUFCの歴史に残る出来事となりましたが、彼女の未来はまだまだ明るいです。

スポンサーサイト

ブリトニー・パーマーの転身 - UFCラウンドガールからアーティストへの道

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次